診療案内
  • 歯周ポケット内部にバイオジェル(光活性剤)を入れる 光エネルギーを1分間照射する
  • 光線力学療法(PDT)

    Photo Dynamic Therapyと呼ばれる最先端医療技術で、 歯科治療においては、歯周病やインプラント周囲炎などの感染症に使用されます。 レーザー(光線)とブルーの色素(バイオジェル)を使用して細菌を殺菌します。 痛みがなく、薬を使用しないため、体への負担が少ないです。

  • 光線力学療法の詳細はこちら
  • 治療費用は全て税抜です。

  • 費用

    1歯 3,000円〜

  • こういう方にオススメ

  • ●よく歯茎が腫れる人

  • ●口の端がよく切れる人

  • ●アレルギーがある人

  • ●痛いのが嫌な人

  • ●インプラントの周囲がよく腫れる人

  • 最新の歯周病治療、光線力学療法(フォトダイナミックセラピー)とは
  • 生体内に光学受性物質(光増感剤)を注入し、標的となる生体組織に光を照射して活性酸素を生じさせ、歯周病の病巣を殺菌する治療です。これは癌の治療や感染症の治療に使われる新しい治療法です。 歯周病治療で使用するのはバイオジェル(0.01%メチレンブルー色素を含む中性リン酸緩衝液)と半導体レーザーです。

  • バイオジェルを歯周ポケット内に注入すると歯周病菌にくっつきます。バイオジェルは光感受性物質と呼ばれ、半導体レーザーの光があたると化学反応がおこり、活性酸素が発生します。この活性酸素が歯周病菌を殺菌します。 痛みもなく、人体への害も少なく、手軽な治療法です。 ただ、これだけでは根本治療にはなりません。歯石取り、ご自身でのホームケア、場合によっては歯周病の手術や、再生療法などと組み合わせて定期的に続けていくことで効果を発揮する治療です。またメインテナンスも必要です。 インプラント周囲炎にも応用できます。

↑ページトップへ

Copyright Nakao dentistry All Rights Reserved.