コラム

本当はどうなの歯の話 No.6 歯がしみる編

hibiware前回“虫歯”の話でした “しみる”代表みたいなものですので虫歯をお話ししました

実はそれ以外の歯が“しみる”症状に関しては 歯医者も手を焼く事が多くて 患者さんもショックや なかなか治まらないことによる不信感が募ったり お互いに嫌な思いをすることもあります それがどうなっているのかの 話ですので 決して言い訳じゃありませんよ(笑)

さあ歯の破折です そう聞くとすごいことのように聞こえますよね まるで殴られてボキッと折れたような しかし破折はそうとばかりは限りません お茶碗で表面にヒビが入っているがお水が漏れないお茶碗ってありますよね そんな感じで歯も表面のエナメル質にだけヒビが入ってしまって見た目にも機能的にも問題がないにも関わらず “しみる”という事が起こります もちろんそのヒビが深ければ深いほど“しみる”度合いが大きくなります 実際真っ二つ一歩手前のヒビ割れの人もいますし 歯の根っこの方だけがヒビ割れて歯の頭の方はほとんど無傷の人もいます

そんな感じで“しみる”歯は結構やっかいです 度合いによって処置を分けますが エナメル質にだけヒビが入っている場合は 表面のコーティング
中の象牙質のところまでヒビが入ってしまっている場合は それ以上ヒビ割れが進まないように被せ物に あまりにもひどく“しみる”場合は神経を取りますその後被せ物になっていきます ヒビ割れというよりも完全に折れている歯は抜歯しか無いんですが…

なるべくなら歯の寿命のことから考えても神経を取ってしまうのは 避けたいので 上のような処置になります どうしても“しみる”のが続く場合は 仲尾歯科では高出力半導体レーザーを照射して痛みを和らげるといった方法をとることも出来ます

あなたの“しみる”のは 歯が破折していませんか?

次回も“しみる”話です

コラム一覧へ戻る

↑ページトップへ

Copyright Nakao dentistry All Rights Reserved.